キッチンカー 住宅展示場

クレープキッチンカーの一日のスケジュール@住宅展示場

住宅展示場でのキッチンカーの役割

住宅展示場 キッチンカー

住宅展示場のイベントに呼んでいただく事が増えました。
事前の広告にも載せてもらったりして、キッチンカーを楽しみに来場されるお客様も多いです。

住宅展示場の方に呼んでもらえる理由として、

クレープのキッチンカーがいることで、住宅展示場の見た目が賑やかになり人が来場しやすくなります。

スイーツが好きなお子様にもキッチンカーがいることで喜んでもらえます。

お子様がクレープを食べているその間に親御さんとゆっくりお話しができたり、話しやすい雰囲気ができます。

キッチンカー クレープ 子ども

住宅展示場 内覧 営業

住宅展示場担当の方との打ち合わせ

メールにて、契約方法の確認(買い取り・販売・売上保障)をします。
住宅展示場では買い取り方法で行かせていただく事が多いです。

契約依頼条件の確認内容

・住宅展示場の所在地/連絡先・電源は使えるか
・お客様への販売方法(チケットと交換・アンケートと交換・安価での販売等)
・車の駐車位置
・当日担当の方の立ち合いあり、無しか、
・雨天の場合、中止か決行か。

住宅展示場でのキッチンカーの一日の流れ

前日・買い出し

前日には、住宅展示場の棟数や来場者の方の年齢層や家族構成から
次の日にでるクレープの種類を予測します。
2世帯住宅をメインに販売のところでは、
幅広い年齢層の方に喜んでもらえるように『抹茶あずきクレープ』をご用意したり、

抹茶あずき クレープ

3、4歳のお子様が多くいらっしゃるような場所では、
お子様が食べやすいような小さめのクレープや、
苺のクレープを多めに出せるように買い出しをします。

苺とブルーベリー クレープ

当日住宅展示場に移動

住宅展示場までのナビをセット。
途中の渋滞も予測して、時間にゆとりをもって出発します。

販売開始時間の1時間前に到着します。

キッチンカー 現場到着

到着後は、担当の方にご挨拶し、出店位置を確認します。
メニュー看板設置・のぼり設置・車内の台にクレープ鉄板を置き火をつけ温め始めます。
フルーツソースを並べたり、苺・バナナなどのフルーツを切りやすい場所に移動します。

クレープの鉄板が温まったら、生地を試し焼きします。2人でやることが多いで、お互いの事を気にしながら作業を進めます。

クレープ販売開始

準備完了後、開店です。お客様が来るのを待ちます。

住宅展示場 キッチンカー開店

住宅展示場には家族連れが中心で、お子様はクレープに反応を示してくれます。
作っている工程を見るのも楽しそうで、じ~と見ています。
『クレープ作ってるよ~』と、お母さんとの会話もはずみます。

住宅展示場 キッチンカー 販売開始

出来上がったクレープを嬉しそうに手を伸ばしてきます。
それを見ているお母さんの顔もほころんでます。

クレープ 子ども 大好き

忙しくなってくるとキッチンカーの前も賑やかになってきますね。

住宅展示場 キッチンカー 行列

(ちなみにこれは、住宅展示場の時の写真ではありません(笑)よく見るととんかつの文字が。。)

これは、お子様に人気の『苺&ブルーベリーのクレープ』です。

クレープ キッチンカー

販売時間は、臨機応変に対応させていただきますが、だいたい17時ぐらいに終わることが多いです。

住宅展示場 撤収

販売終了後

担当者の方に、今日の販売したクレープの数等を報告します。

電源をしまったり、のぼりをしまったりして、片づけをします。
ゴミは、こちらで持ち帰り処理します。

忘れ物がないか確認し、担当の方に再度ご挨拶し、帰ります。

住宅展示場での簡単な流れになります。

是非、お気軽にお問合せください^^

出店ご依頼や契約の詳細はこちらから

ご依頼料金・出店事例